腰痛の時の当院の施術方法

腰痛でお悩みのあなたへ

川越市で腰痛にお悩みのあたなへ、さまざまな腰痛に対する当院の施術方法について詳しく解説しています。

「ぎっくり腰」については別ページで解説していますので、リンクをクリックしてご覧ください。

どんな事がきっかけで腰痛を感じるようになったか、どんな時に腰痛を感じるかは一人一人違います。

  • いつも腰が重い  
  • 朝起きたら腰が痛い  
  • くしゃみをした時に腰にズキント痛みが走った  
  • 一日中デスクワークで帰るときに腰が伸びない  
  • 出産後に腰が痛むようになった  
  • スポーツで腰を酷使して腰がつらい など

また腰痛の場所や範囲も一人一人違います。

  • ベルトのあたりが痛い  
  • もっと下の骨盤の真ん中が痛い  
  • お尻が痛い  
  • ベルトより上で背中に近い部分が痛い  
  • 痛いのは右が多い・左が多い  
  • 脚のつけ根まで痛い  
  • 片側のお尻から足先にしびれがある  
  • 腰の筋肉やももの後ろが張ってしかたがない など

腰痛の原因は腰だけではありません。

姿勢のくずれ、腰への血行不良を解消し、揉んでも楽にならない頑固な腰痛を改善していきます!

もちろん腰を直接ほぐした方がいいと判断した場合、臨機応変に対応していきます。

当院には、慢性的な腰痛、腰を揉むだけでは楽にならない腰痛、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

前かがみが痛い腰痛に対する施術方法

前かがみが痛い腰痛のあなたへ

  • 体が硬いため、前かがみが苦手
  • 太ももの裏やふくらはぎが硬い
  • 靴下を履くのがつらい

前かがみが痛い腰痛とは、腰や背中の筋肉がガチガチに硬く、横から見て腰にカーブがなくなっている慢性タイプの腰痛です。

中腰や立ち仕事、肉体労働、スポーツなど、腕や脚の筋肉疲労がきっかけで起こっています。

腰だけでなく、お尻や太ももなど主に後ろ側が張って、横になっても筋肉がゆるみにくくなっています。

太もも・ふくらはぎ・背筋など背中側の緊張が関係しています。

このため、整体による骨格調整と共に、太もも・ふくらはぎの緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①太もも・ふくらはぎへの施術

延命学という特殊なリンパマッサージで、ふくらはぎ・太ももをリフトアップさせるようにほぐしていきます。下半身の後ろ側の突っ張りが減って、腰の柔軟性が回復していきます。

太ももの裏・ふくらはぎ全体の施術がなかり効果的です。

うつ伏せの太もも施術

②うつ伏せで背中側の施術

背骨や骨盤のねじれをチェックし、背中や腰の筋肉の盛り上がり度合いを診ていきます。

ボキボキしない優しい整体で、頚椎・胸椎・腰椎・骨盤・肋骨などの骨格調整を行い、関節のズレと神経の流れを改善していきます。

肩甲骨の外側、脇、背中、腰部、臀部、太もも、膝裏、ふくらはぎに対して軽めにリンパマッサージを行い、血液・リンパの流れを改善していきます。

うつ伏せの施術

②あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

前かがみが痛い腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

反ると痛い腰痛に対する施術方法

反ると痛い腰痛のあなたへ

  • もともと腰の反りが強い
  • あお向けで寝ると腰が痛い、腰が浮いて隙間ができる
  • 太ももの前側の筋肉がパンパンに張っている

反ると痛い腰痛とは、横から見て腰のカーブが強くなっている反り腰タイプの腰痛で、腰の筋肉の痛みよりも、腰部の関節が狭くなって痛みを出しています

腰痛があっても、腰を直接マッサージされると、もみ返しやだるさが出てしまう人も多いです。

太もも・お腹など前側の緊張が関係しています。

このため、整体による骨格調整と共に、太もも・お腹の緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①太ももの前側への施術

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの前側をリフトアップさせるようにほぐしていきます。骨盤の強すぎる前傾が改善され、腰の柔軟性が回復していきます。

太ももの前側の施術がなかり効果的です。

あお向けの太ももへの施術

②お腹への施術

あお向けでお腹の延命学によりお腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。お腹が柔らかくなって内臓下垂が改善すると、腰の反りが楽にできるようになります。

お腹の施術

③あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

反ると痛い腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ねじると痛い腰痛に対する施術方法

ねじると痛い腰痛のあなたへ

  • ずっと立っていると腰が痛くなる
  • 骨盤が開いている・骨盤が下がっている
  • 時々、肩が上がらなくなる

ねじると痛い腰痛とは、体型に関係なく、特に下半身の筋肉が弱くなり、骨盤が開いたり・骨盤が下がったりして、骨盤の動きが制限されて、腰に負担をかけて痛みを出しています

腰痛があっても、腰を直接マッサージするよりも、骨盤矯正がおすすめです。

太ももの内側の緊張・骨盤のゆがみが関係しています。

このため、整体による骨盤調整と共に、太ももの内側の緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①太ももの内側への施術

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの内側の癒着をはがすようにほぐしていきます。骨盤が安定し、腰の柔軟性が回復していきます。

太ももの内側の施術は腰痛改善にかなかり効果的です。

横向きの施術

②骨盤矯正

太ももの内側の施術で、ある程度骨盤矯正がされています。

さらに直接、骨盤の関節が滑らかに動くように施術します。

骨盤矯正

③あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

ねじると痛い腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

横にたおすと痛い腰痛に対する施術方法

横に倒すと痛い腰痛のあなたへ

  • 体がいつも左右どちらかに傾いている
  • 靴底のすり減り方が左右で極端に違う
  • スポーツ後に腰が痛くなる
  • 運動会の綱引きなど急な運動で腰が痛い

横にたおすと痛い腰痛とは、腰や背中の筋肉が左右でアンバランスになり、後ろから見て体が左右に傾いているタイプの腰痛です。

中腰や立ち仕事、肉体労働、スポーツなど、腕や脚の筋肉疲労がきっかけで起こっています。

太ももの外側の緊張が関係しています。

このため、整体による骨格調整と共に、太ももの緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①太ももの外側への施術

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの外側をリフトアップさせるようにほぐしていきます。下半身の外側の突っ張りが減って、腰の柔軟性が回復していきます。

太ももの外側の施術がなかり効果的です。

横向きの太もも施術

②うつ伏せで背中側の施術

背骨や骨盤のねじれをチェックし、背中や腰の筋肉の盛り上がり度合いを診ていきます。

ボキボキしない優しい整体で、頚椎・胸椎・腰椎・骨盤・肋骨などの骨格調整を行い、関節のズレと神経の流れを改善していきます。

肩甲骨の外側、脇、背中、腰部、臀部、太もも、膝裏、ふくらはぎに対して軽めにリンパマッサージを行い、血液・リンパの流れを改善していきます。

うつ伏せの施術

②あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

横にたおすと痛い腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ぎっくり腰でお困りの方へ

ぎっくり腰に対する当院の施術方法

ぎっくり腰には、大きく分けて4種類のぎっくり腰タイプがあります。
ぎっくり腰の全体像と、4種類のぎっくり腰に対する整体での施術方法について解説しています。

ぎっくり腰と当院の施術方法

ぎっくり腰の対処と対策

ぎっくり腰になった時の対処法と、今後ぎっくり腰を防ぐための対策について解説しています。
再発をくり返す方が多いので、その場しのぎにならないよう、日頃のケアが大切です。

ぎっくり腰の対処と対策

産後の腰痛に対する施術方法

産後の腰痛でお悩みのあなたへ

  • 出産後、腰に痛みがでるようになった
  • 出産後、体が硬くなり腰を反れなくなった
  • 出産後、恥骨の痛みで歩くのもつらい
  • 出産後、骨盤が開いたままで腰が不安定

産後の腰痛は、骨盤が下がってゆるんでしまい、腰が不安定になっていることが原因です。

骨盤のゆがみにより、腰痛、骨盤の痛み(仙腸関節痛い)、臀部痛、恥骨の痛み、尾骨の痛みなど、妊娠中や出産時の状況、産後の生活などによりいろんな所に痛みを感じます。

開いた骨盤を閉めて、仙腸関節のゆるみを改善していく必要があります。

産後の腰痛の原因は腰や骨盤のゆがみだけではありません。

子育てによるストレスや疲労まで解消することが必要です。

さらに、産後にお尻が広がってしまったり、ズボンが窮屈になってしまった方には、股関節の施術が効果的です。

①産後の骨盤矯正

ほとんどの場合、骨盤が開いているので、これを閉じていきます。

骨盤が開いていると、本来は逆三角形だったお尻のラインが、四角形のように広がってしまっています。

仙腸関節を閉じる施術、坐骨を閉じる施術を行います。

産後から時間が経って仙腸関節がロックして、後ろに反れないような場合は、仙腸関節が滑らかに動くように施術します。

骨盤矯正

②お腹の施術

妊娠中大きかったお腹により、腰はやや反り気味になります。

特に下腹部の子宮や膀胱は、産後も下がっていることが多いので、内臓全体を持ち上げていきます。

お腹のバランスが整うと、反り腰の改善だけでなく、全身の血の巡りが良くなるので、冷えやむくみ、産後の疲労まで解消していきます。(当院独自の施術)

美容面でも、ウエストくびれや内臓下垂が改善され、産後太りにも効果的です。

お腹の施術

③腰の施術

骨盤よりも上、ベルトラインの腰痛がある場合、腰椎の施術が必要になります。

もともと腰痛持ちの方は、骨盤だけでなく腰椎も下がっているので、腰椎の椎間関節を持ち上げて、腰の前後屈を楽にしていきます。

腰椎の施術

④産後のズボンが楽にはける股関節の施術

実は産後に一番広がっているのは、骨盤より股関節です。

また、お子様を抱っこする時、片側の骨盤に乗せるため、片側の股関節ばかりに重心がかかって、股関節が外れようとする力が加わります。

この事により、股関節が広がり、産後に以前はけていたズボンが窮屈になります。

横向きで股関節を内側に収めていき、広がってしまった股関節を調整していきます。

股関節が収まると、立ち姿勢や座り姿勢で体が安定し、お尻の広がりが解消され、ズボンが楽にはけるようになります。

股関節の施術

産後の腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

骨盤のゆがみによる腰痛に対する施術方法

腰痛と骨盤のゆがみ

骨盤のバランスは、実は誰でもまっすぐではありません。遺伝による軸足の違い、生活習慣による歪みが重なって骨盤にゆがみがおこります。

多少骨盤が歪んでいても腰痛にはなりません。その歪みが強くなってきて、見た目にわかるほど不自然な姿勢の場合や、見た目は大丈夫でも骨盤の可動域に問題があると、腰痛のリスクが高くなります。

遺伝的な要素は変えられませんが、生活習慣で変な姿勢が癖づいていないか改める必要があります。

骨盤のゆがみ方には3つのタイプがあり、施術方法が異なります。

それぞれの施術方法のポイントをご紹介します。

①女性に多い反り腰タイプの骨盤

腰椎過前湾タイプの骨盤

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの内側の癒着をはがすようにほぐしていきます。骨盤が安定し、腰の柔軟性が回復していきます。

横向きの施術

②高齢者に多い猫背タイプの骨盤

腰椎前湾減少タイプの骨盤

延命学という特殊なリンパマッサージで、ふくらはぎ・太ももの裏側をリフトアップさせるようにほぐしていきます。下半身の後ろ側の突っ張りが減って、腰の柔軟性が回復していきます。

うつ伏せの太もも施術

②左右に傾いている側弯タイプの骨盤

腰椎側弯タイプの骨盤

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの外側をリフトアップさせるようにほぐしていきます。下半身の外側の突っ張りが減って、腰の柔軟性が回復していきます。

横向きの太もも施術

骨盤のゆがみによる腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

内臓・お腹の問題による腰痛に対する施術方法

腰痛と内臓・お腹の関係

  • 飲み過ぎ・食べ過ぎの翌日に右側の腰が痛い
  • 最近甘いものを取り過ぎていて左腰が痛い
  • お腹がいつもパンパンに張っている

腰痛の原因が内臓からきている場合、内臓の問題を改善することで、腰痛が早期に改善していきます。

ただし腰痛だけでなく、熱や全身症状があったり、尋常な痛みではない場合、内臓の炎症や病気の可能性があるので、必ず病院などの医療機関をまずは受診してください。

ここでは、病院の検査では異常がなくても、整体的に診て明らかに内臓に問題があって腰痛になっているケースについてお伝えします。

お腹を直接施術するだけでなく、太ももの内側や頭のてっぺんにある内臓のツボを刺激して、内臓への血の巡りを改善していきます。

太ももの内側のツボはかなり痛い部分ですが、通常の腰痛治療で改善しない場合、効果があります。

①肝臓/胃に対する太ももへの施術

肝臓・胆のう
胃

太ももにある内臓のツボを刺激する「高野流圧診療法」により、右の腰痛の方には右太ももの内側にある肝臓のツボ左の腰痛の方には左太ももの内側にある胃のツボを刺激します。

かなり痛いツボですが、肝臓・胃あたりの血行が一気に良くなり、ほとんどの方が温かくなるのを感じます。

肝臓・胃のツボだけで、右の腰痛・左の腰痛が改善する方もいらっしゃいます。

あお向けの太ももへの施術

②肝臓/胃に対する頭頂部への施術

頭の疲労度が強い方には、頭頂部にある内臓のツボも刺激します。

頭頂部への施術

③お腹への施術

あお向けでお腹の延命学によりお腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。お腹が柔らかくなって内臓下垂が改善すると、腰の痛みが楽になっていきます。

お腹の施術

左右の腰痛以外にも、中央部の腰痛・骨盤部の腰痛などにより、腎臓・小腸・大腸・すい臓・膀胱に対するツボも刺激する場合があります。

内臓・お腹の問題による腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図