院長プロフィール

いぶきカイロプラクティック院長 ごあいさつ


いぶきカイロプラクティック院長
 院長 高橋 良昌
たかはし よしまさ


S46年3月20日生まれ

ホームページをご覧いただきありがとうございます。いぶきカイロプラクティック院長の高橋良昌です。

どんな人が施術するのか気になると思います。お越し頂く前に少しでも不安が和らげるように、ごあいさつ、自己紹介、略歴をさせていただきます。

もともとはサラリーマン時代、野球で肩を傷め、施術院に興味をもった事が始まりです。いろいろと治療を受けていましたが、ほとんど効果はありませんでした。自分でいろいろ調べ、トレーニングする事で、すこしずつ良くなった覚えがあります。

思い切って会社を辞め、直感的にカイロプラクティックの専門学校に通い始めました。専門学校はあくまできっかけにすぎず、実際はインターネットを通じて運命的に知った私の師匠に、カイロプラクティックのいろは、勉強方法、施術方法を教えていただきました。そして就職先まで教えていただきました。

接骨院・カイロプラクティック院でのスタッフ経験、リラクゼーションサロンでの店長経験を経て、2012年に川越で開業しました

今まで多くの患者さんと接してきて、自分のことは後回しで、限界まで痛みや悩みを抱えてしまうケースを多く見てきました。

仕事でまじめに頑張っている方、プライベートでも無理している方、心と体の余裕が無くなっている方など・・・

痛みやつらい症状は、自分の体に何か危険を知らせるサインです。本来はそれに気づいてあげて、お薬や痛み止めを使わずにケアすることが大切です。

寝不足や仕事の無理がたたって、頭痛やひどい肩こりになっているかもしれません。食べ過ぎや良く噛まずに食事をして肩こりや腰痛になっているのかもしれません。そんな場合は、しっかり体を休めたり、お腹を休めなければなりません。

性別・年齢を問わず、お一人お一人に向き合ってきたおかげで、お客様の笑顔に多く触れる事ができるようになりました。

私の信条は「1人1人を大切にそして丁寧に施術する」です。リラックスできる空間で、とにかく気持ちよく、施術した当日は勿論、翌日は自然治癒力が働き、さらに調子がいいという施術を目指しています。

少しだけ、心と体を休める時間を作ってください。

皆様の元気と健康に少しでもお役に立ちたいと考えています。日々精進して施術に取り込んでいきます。

自己紹介

施術方針
私自身、風邪薬の副作用から目がまともに見えなくなり、日常生活はもちろん病院での待ち時間が長く、仕事に支障をきたしながら、改善に6か月かかった経験があります。
それ以来20年以上経ちますが、薬をほとんど服用したことはありません。疲れやこりはありますが、病気や体調不良で困ったことはありません。
薬だけでなく、栄養ドリンクやサプリメントも全く摂りません。毎日の食事や飲み物からちゃんと栄養を摂り、適度な運動やストレスを溜めない生活をしていることの方が大切だと痛感しています。
命にかかわる病気以外は、薬など必要ないと考えています。この考えのため頭痛薬や鎮痛剤に頼りたくない本質志向の方が来院されます。
頭痛、めまい、便秘、下痢、逆流性食道炎、高血圧、低血圧、冷え性、糖尿病、アレルギー、アトピーなどの自律神経系の不定愁訴は、食生活の見直しやお腹のケアをちゃんとしていけば、薬なしで根本改善していきます。
慢性的な体調不良やさまざまな病気も食生活の見直しなくしては薬に頼っても本質的には改善しません。
本当に健康になりたい方に、食事や健康の知恵をたくさんお伝えし、施術だけでなく、日常生活に戻っても実践していただくお手伝いをしています。

院長のプロフィール全集

趣味
カラオケ、ドライブ、野球観戦、音楽鑑賞
好きな歌手・音楽
平井堅、TUBE、DEEN、チャゲ&飛鳥、ゴダイゴ、いきものがかり、Every Little Thing、その他いろいろ
癒しの音楽、宝塚歌劇団(1980年・1990年代)、冬のソナタ、春のワルツ
好きな食べ物
カレー(キーマカレー,チキンカレー,ゴーゴーカレーetc.)
味噌ラーメン、海老フライ
好きなスポーツ
野球、卓球、ボーリング
特に野球には思い入れが強く、物心ついた時からやっています。ちなみに巨人ファン。
小学生の時は野球をしていた記憶しかないくらいです。
中学・高校と趣味程度にしかできなかった事が心残りです。
社会人になって、埼玉県三郷市の軟式野球チームに所属し、毎週日曜日に練習・試合がありました。
とにかく素振りとバッティングセンターにはよく行きました。
サラリーマンを辞めてからは、野球からは少し離れていますが、いずれ違う形で復帰したいなあと思っています。
野球をしているジュニア世代~シニア世代の方までメンテナンスができたら幸せです。

略歴

【1995年】システムエンジニアとして企業に就職
この頃はサラリーマンとして、企業向けのソフトウェア開発、システム開発の仕事で、日々パソコンに向かっていました。
都内の大手企業や地方銀行などに派遣され、とにかく我武者羅に働いていた時期です。
【2001年】カイロプラクティックの専門学校に通い始める
野球がとても好きで、肩を壊した事がきっかけで、トレーナーや施術院の事を知り、人の体に触れる仕事がしたいと方向転換いたしました。
以前の会社を辞め、新たな派遣会社で働きながら「日本カイロプラクティックドクター専門学院新宿校(夜間部)」に約2年間通いました。
【2003年】接骨院兼カイロプラクティック院グループに就職
私が信頼する師匠に教えてもらい、都内の接骨院兼カイロプラクティック院グループに就職しました。
ここでは多くの患者様が来院され、さまざまな症状や施術方法を教えてもらいました。
施術が何もできない状態から、ある程度1人で何でもできる状態になれたと思います。
約5年間、4店舗(蒲田・浅草橋・新橋・品川)でカイロプラクティックの施術はもちろん、テーピングや固定なども行ってきました。
骨盤や背骨のゆがみ方・理論・施術法を約5年間学びながら、多くの骨盤矯正を行ってきました。
【2008年】リラクゼーションサロンに就職
もともとリラクゼーション的な施術がお年寄りや女性に合っていたため、癒しの施術がしたくて、モラージュ菖蒲のショッピングモールにある「癒しっくす」にオープンから働き始めました。
約3年間、リラクゼーションと足つぼ(フットケア)を行ってきました。最後の年は店長として施術と店舗運営に当たらせていただきました。
妊婦さんへの横向き・仰向けマッサージについては担当する機会が多く、臨月近くまで、そして出産後にも何人かは担当させていただきました。
【2012年】2月20日 川越市に「いぶきカイロプラクティック」開院

【2013年】 6月 トリガーポイント療法士に認定
【2013年】 10月 宮川整体 講習会参加
宮川眞人先生の臨床整体DVDシリーズ5本を購入し、カイロプラクティックとは違う整体の世界観に興味を持ち、さらに整体学シリーズの本も購入し、宮川先生の臨床経験からの知恵を学ばせていただきました。
実際に治療院に伺い、整体施術だけでなく整体体操の大切さを体験し、講習会にもお誘いいただき参加させていただきました。
整体学については人の体を診る上で一生大切でしかも一番楽しく感じ、施術以上に自分で自分の体をケアをするには「体操」であることも痛感しました。ただ施術するだけでなく、お節介でも一人一人に必要な体の使い方・体操をすすめるようになったきっかけです。
【2015年】 2月 青山式整体コース受講
青山先生(劉 俊武先生)の「靱帯力学療法」マンツーマン3か月
パワーブロガー養成講座「田渕隆茂」さんが腰痛治療を受けている先生を知り、それが秋葉原「もみ助」と吉川の自宅で施術されている青山先生でした。
私の自宅は埼玉県三郷市で、青山先生の自宅が隣の吉川市だったため、自宅に伺い友人をモデルにして、マンツーマンでいろいろ教えていただきました。
靱帯のアンバランスによる体の不調を改善することや、血流を良くすることが最大の治療ということを初めて学びました。これ以降、血流・リンパの改善について施術のメインテーマにしています。
【2016年】 5月 宮本伝・延命学マスターコース受講修了
胃下垂の改善を最大の目的に、全身の縮こまった運動神経筋を優しくはがすように施術することで、内臓を持ち上げ、全身の血液・リンパの流れが良くなる最高のリンパマッサージです。特に太ももの内側・お腹の施術では、当院の治療ではなくてはならないものです。(胃下垂・内臓下垂の改善をお手伝い致します)
延命学道場として約2年間、2019年まで月に2回稽古
【2016年】 8月 横山式筋二点療法(電磁波除去セミナー)受講修了
【2016年】 9月 宮川整体<頭部操法>講習会参加
頭部操法については2013年から実際施術に取り入れ、頭痛や脳ストレスでお悩み方にとても効果があり、多くの方に喜ばれていました。
ただしDVDで学んだだけで、直接宮川先生に指導していただいたわけではなかったので、講習会があることを知って参加致しました。
頭部第1活点~頭部第6活点、肩胛骨上角活点、側頭骨調整法などの実践を学び、食欲の秋の季節柄、腰痛に対する腰仙部のアプローチも教えていただきとても良かったです。
【2016年】10月 4DSストレッチトレーナーに認定
【2017年】 1月 4DS座位姿勢分析師に認定
【2017年】 3月 4DS立位姿勢分析師に認定
【2017年】 3月 4DS頭蓋姿勢分析師に認定
【2017年】 7月 4DS減腔プラクティショナーに認定
【2017年】 9月 4DS姿勢トレーナーに認定
【2017年】 三点バランスインソール・座骨調整シート楽座衛門の代理店開始
2017年度、関口先生の三点バランス保持理論の研修課程修了
【2018年】 10月 4DSヨガトレーナーに認定
【2020年】 6月 スイングボディ初級1受講修了
【2020年】 7月 スイングボディ初級2受講修了
【2020年】 8月 スイングボディ上級1受講修了
【2020年】 9月 スイングボディ上級2受講修了
スイングボディはジーバンリラクゼーション代表の金子彰先生が開発された高齢者にも優しい脱力を促す揺らしのマッサージ
【2020年】 8月スタート 縦巻き横巻きの法則オンラインコース受講
内司和彦先生の遠隔施術オンラインマスタープロジェクト4か月
ご両親から受け継いだ身体のバランスや特徴をお伝えできるようになりました。施術を受けてその場限りでなく、健康面やスポーツで活躍できる知恵を身につけていただけます。
【2021年】 1月スタート 相命整体完全承継プロジェクト受講
安倍吽馬易先生の「相命整体」完全承継プロジェクト6か月
手足の指のゆがみを方向性を考慮して調整することで、指の痛みや変形だけでなく、全身にいい効果が起こる整体です。足つぼやハンドマッサージは多くありますが、指に特化した整体はあまりないと思います。スマホやパソコンなど手を酷使する現在において最も重要な指のケアをお手伝いいたします。
私は野球のトレーナーとして、子供から大人まで野球選手の手足のケアを大切にしています。ボールやバットを握る力、足元から全身を連動させて力は、運動能力だけでなく怪我しない体にとって重要です。
クライミングやゴルフなどスポーツ全般にとって手足を重視する方が増えてきました。また、ピアノやギターなどの演奏家や料理人や立ち仕事などで手足を酷使する方には定期的にケアさせていただいています。
【2022年】 2月スタート 手技道プレミアムアカデミー受講
村松努先生の「手技道」プレミアムアカデミー6か月
慰安行為ではなく、病気や不調の根本原因を考え、筋膜の連動性を改善することで、肉体の機能だけでなく、精神的分野に至るまで見知する総合医療。今回は「腹部八反応点」による筋膜治療や病気・食事・精神との関連を身につけ、お腹をメインに病気予防や健康へのお手伝いができればと考えています。
野球のトレーナーとして、慢性症状でお悩みの方の治療として、一番大切なのはお腹だとわかりました。体幹バランスや体の軸も「健康なお腹」なくしては力を発揮出来ません。
食生活の乱れだけでなく、ストレスや頭を使いすぎる方ほど、お腹が硬くなっています。「腸がファーストブレイン、脳がセカンドブレイン」という考えで、脳よりも腸(お腹)が大切だという事を伝えていきたいと思います。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

周辺地図