腰痛の症例


腰痛の症例

いぶきカイロプラクティックで、腰痛治療を受けた方の症例集です。

どんな施術を行い、どのような経緯で改善しているのかご覧ください。
同じような症状でお困りのあなたへ、参考になれば幸いです。

腰痛の症例1

患者

50代 男性 埼玉県/ふじみ野市 会社員

初回来院

2015年9月

症状

朝起きると昨日の腰痛が酷く、ももを上げてズボンが履けない、まともに歩けない「ぎっくり腰」の状態で来院。

腰痛の症例1

治療内容と経過

  ●初回

数日前に重い物を持った後から腰痛を多少感じていた。その後、仕事の関係でお酒をかなり飲んでいた様子。
いつも腰痛が出ると、しばらく安静にしていれば良くなるが、今回は全く良くならなかった。

痛みは骨盤と腰の境目(腰仙部)の奥で、左右に倒すとどちらもやや右腰に痛みを感じる。何もしなくても痛い状態。

横向きは何とか大丈夫との事だったので、まず横向きになっていただき、骨盤や腰部を引っ張っている脚の内側の緊張をゆるめていった。

右内ももの膝近くに圧痛、更にふくらはぎ内側には強い圧痛があり、ここをゆるめることで腰まわりがかなり楽になってきた。一度起き上がると、ここまでで半分くらい腰痛が解消していた。

あお向けが大丈夫になり、一番気になっていたお腹に触れると、今日感じていた右腰の痛みが再現。右の腰痛は肝臓からの負担も関係している。お腹の緊張をゆるめることで残り3割程度の痛みまで楽になることができた。

大量の飲酒による肝臓の負担が腰痛と関わっている事、お腹の負担を考えて消化のいい粗食を数日続けるようすすめ終了。

翌日再発していないかチェックするつもりだったが、仕事の都合で1週間後に予約。

  ●2回目(7日後)

初回から2日後には、ぎっくり腰のような痛みはほぼなくなっていた。ただし自分でふくらはぎを触ると圧痛があったり、ズボンや靴下をはく動作に不安があるとの事。

前かがみの可動域が少なく、やや右腰に不安があったため、横向きになってもらい、右骨盤の仙腸関節を調整。前かがみの可動域はかなり改善。

あお向けでお腹をチェック。痛みはないが左側が硬くなっているため、左の内ももをゆるめてから、直接お腹の緊張を調整。

ほぼ腰痛が気にならなくなり、2週間後の来院をすすめたが、今回も仕事の都合で3週間後の予約となる。

  ●3回目(3週間後)

ここ1~2週間前から右腰の調子が悪いとの事。ぎっくり腰のような痛みではないが、横にたおすと右腰に痛みがある。

初回と同じように横向きで、内ももとふくらはぎの内側をゆるめ、更に骨盤を調整。ふくらはぎがまたかなり硬くなっていた。

仕事では座りっぱなしで下半身を使っていない。それに加えて頭の疲れがあり、全身の血の巡りが悪くなっていた。

今回は、頭頂部のツボを刺激してふくらはぎの血行不良が改善し、フニャフニャになることを体感していただいた。足腰が軽くなる。テニスボールで行うふくらはぎのセルフケアを伝えて終了。

  ●4回目(1か月後)

腰の調子はよく、最近ふくらはぎが攣らなくなった様子。
セルフケアを続けている事も効果あり。

急な腰痛が出ないよう、月に1回のメンテナンス施術。

同時に治療した症状

膝痛、腹部のはり

施術部位

内もも、ふくらはぎ、骨盤、腹部、頭頂部

施術者から一言

ぎっくり腰で来院されたが、ほとんど腰を触ることがなかった。直接腰痛を出していたのは、右の腹部で肝臓の負担によるものと考えられる。更に日常的にふくらはぎが硬く攣りやすい状態で、下半身の血の巡りが悪くなっていた。

ふくらはぎとお腹が硬くならないよう、日常気をつけることが大切である。お酒を飲んでも大丈夫な体づくりもサポートしていく。


当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

周辺地図