ぎっくり腰の対処と対策

埼玉県川越市のマッサージ・整体・姿勢矯正「いぶきカイロプラクティック」ぎっくり腰の対処と対策

ぎっくり腰で困っている方に向けて、対処法と対策について詳しく解説いたします。

ぎっくり腰は、必ず腰に炎症を起こしていますので、炎症が治まるまでは痛みがあります。
40歳までは傷めてから24時間で炎症のピークを迎えます。40歳以降は48時間で炎症のピークを迎え、回復に時間がかかります。

だいたい一週間もすれば自然に痛みはなくなっていきますが、腸が硬くなっていたり、内臓がむくんでいると、炎症が治まりにくくにってしまいます

「この一週間の間、どのような対処をすればいいのか?」をお伝えしていきます。

ぎっくり腰の治りが悪い人は間違った対処をしている可能性があります。また、ぎっくり腰の再発をくり返している人は、日常生活でぎっくり腰になりやすい体の使い方をしているので、ぎっくり腰の対処だけでなく対策も必要です。

ぎっくり腰になった場合、一番重要なのは、今後ぎっくり腰にならないための対策までしっかり行うことです。皆さん痛みが取れたら、ぎっくり腰のことを忘れてしまって、腰が硬くなってしまう本当の原因を解決しないままでいます。

ぎっくり腰でこんなお悩みはありませんか?

  • くしゃみをした時、腰をひねってしまった
  • 重い荷物を持ち上げた時、ブチッと腰を傷めてしまった
  • 草むしりをしていたら、腰が伸びなくなってしまった
  • 靴下を履く時、無理な姿勢で腰が痛くなった
  • ゴルフの後、徐々に腰が痛くなり、歩くのもしんどい
  • 原因不明だが、腰が痛くて前屈みになれない
  • 最近頻繁にふくらはぎが攣っていて、今朝腰が痛くて起きれなかった

ぎっくり腰の対処法

1.アイシング

じっとしていても「うずくような痛み」の時は、必ずアイシングで患部を冷やしてください

内出血を起こし、患部が脈打つ痛みになるので、冷やすことで痛みを鎮静化します。アイシングで鎮痛に徹してください。

ぎっくり腰の対処法・アイシング

アイスノンや冷湿布ではなく、以下のような「アイスパック」をつくることをおススメします。

アイスバックとは、ビニール袋に氷と水を入れたものです。氷と水を入れることで温度が0℃になり、最もやさしく体の熱を取る効果があります。

アイスノンではマイナス温度ですが、深部の熱は取れず表面だけがかなり冷えます。冷湿布では表面だけがほどよく冷えるだけですので、ぎっくり腰にはあまり効果的ではありません。

アイスパックの作り方とアイシングの仕方

◆用意するもの◆
透明のビニール袋(2枚)、水、氷(できればキューブ状のもの)、輪ゴム、薄めのタオル

①ビニール袋を二枚重ねにして中に氷を入れ、水を入れ、輪ゴムで止めます。

②患部(最も痛いところ)にタオルを一枚おいて、その上に①で作ったアイスパックを乗せます。

③うつぶせでアイシングの場合はこれでいいですが、横向きで少し丸まっていた方がいい場合は、腹巻や腰のサポーターなどで優しくアイスパックを圧迫・固定します。

④アイシングの時間は1回につき長くても15~20分までにしてください。
少し冷やして我慢できなくなったら、その時は冷やすのを止め、休憩します。まだ時間をおいて、ズキンズキンする痛みがあれば冷やします。これをくり返します。

【注意】20分以上冷やすと、体は逆に温めようとして炎症を強めますので注意してください。

【注意】アイスノンのような冷凍庫で冷やしたものはマイナス温度なので、体の熱を奪いにくく、表面だけが冷えて凍傷になる危険があるので長時間は避けてください。

アイシングはあくまでも自分の感覚に従うことです。人によってはほんの10分程度冷やすだけで充分な人もいますし、また人によっては二日も三日も繰り返し冷やさないといけない人もいます。

個人差はかなりあります。じっとしていても「うずくような痛み」がなくなれば、ほぼアイシングは必要ありません。

2.楽な姿勢をとる

ぎっくり腰の対処法・楽な姿勢をとる

ぎっくり腰のほとんどは、筋肉や靭帯など柔らかい組織の損傷です。体の中で見えないですが、傷口があって痛いわけです。

傷口を開くように体を動かしてしまうと、いつまでたっても傷口がふさがりません。指を挟んで血が出てしまった場合、絆創膏で傷口が広がらないようにふせぐと思います。

腰の場合は範傷も広く体の中の傷なので、絆創膏を貼ることはありませんが、傷口を広げないように、そして傷口がふさがるために安静にしていることが必要です

横になって丸まるなど、自分にとって腰の痛みが一番楽な姿勢をとります。

大勢を変える際は、息を止めて関節を固めると体が安定し、傷口を広げるのを最小限にすることができます。

※だたし安静にするのはぎっくり腰になってから二日・三日までで、激痛でなければ、少しずつ動ける範囲で動いた方が回復が早まります。

3.ふくらはぎをほぐす

ぎっくり腰の対処法・ふくらはぎをほぐす

ぎっくり腰の方のほとんどは、ふくらはぎがガチガチに固まっています。ふくらはぎが硬くなっていた結果、腰の筋肉や靭帯が必要以上に伸ばされて、ぎっくり腰になっています。

ふくらはぎは必ずほぐしましょう。

ふくらはぎの中に固い塊があるので、そこを丁寧にほぐします。

手でほぐすのが大変な方は、ふくらはぎを押さえたまま、足首を前後に動かしてください。押さえる場所を変えながら行います。

腰が痛くてふくらはぎに手が届かない方は、足首を前後に動かすだけでも効果があります。

また、反対側の膝がしらにふくらはぎを乗せて、下の足は固定したまま、乗せた側のふくらはぎを前後に動かしてほぐすと、最も効果的です。乗せる場所を変えながら行ってください。

ふくらはぎやアキレス腱がゆるむと、腰が引っ張られなくなり、ぎっくり腰の回復につながります。

4.お腹をほぐして呼吸を楽にする

ぎっくり腰の対処法・お腹をほぐし呼吸を楽になる

ぎっくり腰の方のほとんどは、ふくらはぎだけでなく、お腹もガチガチに固まっています。お腹が拡がって硬くなった結果、内臓がむくんで、お腹だけでなく全身の循環不全につながり、ぎっくり腰になっています。

お腹も必ずほぐしましょう。

お腹は深呼吸と共に、息を吐くときお腹に手を入れていき、瞬間的に手を放したり、ゆっくり手を放したりして、お腹を凹ませながら丁寧にほぐします。

お腹を押して表面に痛みを感じた場合、大網という腸を覆っている膜に、過剰なリンパ液がたまっているので、ここを中心にほぐしていきます。

このやり方が難しい場合、両手でお腹をすくい上げて深呼吸するだけでも効果があります。さらにすくい上げた後、両手でお腹を中央に寄せるのも効果的です。2~3呼吸したら手を放して休憩し、これを数回繰り返します。

お腹が柔らかくなると、腰の循環不全が軽減され、ぎっくり腰の回復につながります。

5.食べ過ぎず粗食にする

ぎっくり腰の対処法・食べ過ぎず粗食にする

当院では、ぎっくり腰になった方に、最低3日できれば1週間は粗食をすすめています。

なぜなら、お腹をパンパンに張らせて循環不全にさせないことと、食べたものの消化に時間をかけさせないためです。

お菓子・菓子パン・スイーツを避けて、御飯のおかわりやおかずの食べ過ぎに気をつけてください。

実は消化には大量の血液が必要です。消化に手間取っていると、ぎっくり腰で傷めた腰部の炎症を回復するための血液が不足してしまいます。

ぎっくり腰になったら、腰部に血液が流れていくことが最優先です。粗食にすることで、お腹に必要な血液が最小限で済む分、腰に必要な血液が廻って、炎症反応を早く終わらせることができます。

ぎっくり腰の傷口は炎症がなければ治りません。炎症は痛くてつらいものですが、傷口が回復するために避けて通ることができないのです。

炎症反応を早く終わらせて、ぎっくり腰の痛みから早く解放されるためにも、しばらくは粗食にしてみてください。本質的には、食生活を改めるチャンスになります。

6.整体でぎっくり腰の施術を受ける

それでもなかなかぎっくり腰が改善しない場合や、自分だけでは最初から難しい場合は、当院で早期改善をお手伝いいたします。詳しい施術内容は、下のボタンを押して、「ぎっくり腰について」のページもご覧ください。

ぎっくり腰について見る

ぎっくり腰の対策

ぎっくり腰になる場合、日常的に体が硬く、以下のような状態でほとんどですので、ぎっくり腰になった時に対処するだけでなく、日々のケア大切になります。

1.ふくらはぎが硬くならないようにケアする

2.お腹が硬くならないようにケアする

3.腰に負担のかからない体の使い方を身につける

4.定期的に整体やマッサージで全身のケアをしておく

こんな方にピッタリな腰痛整体です

マッサージで腰を揉んでもらっても楽にならない
→ 腰だけでなく、全身をしっかり診て腰痛の原因にアプローチしていきます

ぎっくり腰になってしまったので診てほしい
→ 腰を直接マッサージせず、応急処置として施術させていただきます
  動くのが大変な場合、出張整体も行っていますのでご相談ください

腰を強い力でぐいぐいマッサージされるのが苦手
→ 私自身強く揉まれるのが苦手なので、やさしい施術中心です

根本的に治す方法を探している
→ 施術だけでなく、姿勢・体の使い方の指導、生活習慣を変えるサポートまで行います

慢性的な腰痛で治らないとあきらめている
→ 日常生活に支障がないレベルまで改善した例が多数あります

腰や骨盤をボキボキされるのが怖い
→ ツボ・ほぐし中心のやさしい整体施術です

猫背や姿勢の悪さが気になる
→ 姿勢については、川越のどの治療院よりも詳しくチェックすることができます
  4DS公認の姿勢分析師になっています

腰痛だけでなく脚の突っ張り・肩こりも診てほしい
→ 施術時間内で、気になるすべての症状を診させていただきます
  また通常よりも時間をかけてじっくり全身を施術する、全身コースも用意しています

 

腰痛に対して当院ではどうするか?

腰痛原因は腰だけではありません。

ぎっくり腰の場合、腰の関節は調整しますが、腰を直接マッサージしたり、揉んだりしない方が早く改善していきます!

以下の腰痛施術に加え、今まで説明してきた「4つのぎっくり腰タイプの調整」を組み合わせて、腰痛に対応いたします。

頑固な腰痛の原因は3つあると考え施術していきます。

①お腹・太もも・お尻の硬さが腰に負担をかける

お腹・太もも・お尻の緊張があると、腰椎の動きだけでなく、骨盤や股関節の動きまで制限されてしまいます。延命学という特殊なリンパマッサージで、臀部・太もも・お腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。さらにカイロプラクティックにより背骨・骨盤を矯正して、腰の動きを滑らかにしていきます。

ぎっくり腰のほとんどは、ふくらはぎ・お腹・太ももが緩むことで楽になっていきます。横向きになれない場合は、座った姿勢で当日必要な施術のみ行います。

延命学での特殊なリンパマッサージ(お腹・太もも・ふくらはぎ)

②背すじを伸ばした姿勢が原因で腰痛になる

一般的には知られていませんが、背すじを伸ばした姿勢が腰痛をつくっています。特に座っている姿勢では背中や腰は丸まっているのが理想です

根本的には、この姿勢が腑に落ちて実践できれば、腰痛は解消されていきます。しかし背中を丸めるなんて信じられないと感じる方がとても多いです。

そのため姿勢の指導をすると共に、体のバランスと血の巡りをよくする整体施術を行いながら、腰痛に対処していきます。

ぎっくり腰の場合は、初診ではほとんどうつ伏せでの施術は行いません。2回目以降の施術で、回復の早さに応じて、うつ伏せでの施術も行います。

首こり・肩こりなど体のバランス・血の巡りを改善するマッサージ整体

③カラダの土台である足裏・足首のバランスが悪い

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

カラダの土台・足裏(足底)の調整

三点バランスインソールにて足裏の靭帯の調整

ぎっくり腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院には、ぎっくり腰を繰り返している方、初めてぎっくり腰になり不安な方、腰を揉むだけでは楽にならない腰痛、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

 

川越いぶきカイロ ご案内

いぶきカイロプラクティック
完全予約制 (当日予約も大歓迎!)
営業時間 9:00~22:00(最終20:00)
定休日  第1・3火曜日

埼玉県川越市のマッサージ・整体・姿勢矯正「いぶきカイロプラクティック」院長

いぶきカイロプラクティック院長 高橋よしまさ
「当院は1人整体院です。」
「私が責任を持って全ての施術を担当致します。」

今すぐお電話 ↓↓↓ 「ホームページを見た」とお電話ください。

埼玉県川越市のマッサージ・整体・姿勢矯正「いぶきカイロプラクティック」お問い合わせ・ご予約0120-184-497

 

営業案内

アクセス

埼玉県川越市のマッサージ・整体・姿勢矯正「いぶきカイロプラクティック」の場所
川越駅西口からの詳しいアクセスを見る

 

整体料金

詳しくはこちらをクリックしてください ↓↓↓ メニュー・料金ページが表示されます

埼玉県川越市のマッサージ・整体・姿勢矯正「いぶきカイロプラクティック」メニュー・料金(肩甲骨はがし・4DSヨガレッスン・4DSストレッチ指導)