横に倒すと痛い腰痛


横に倒すと痛い腰痛のあなたへ

腰痛には、動作により大きく分けて4種類の腰痛タイプがあります。

●前かがみになると腰が痛い・曲がらない「前屈型の腰痛」
●腰を反らすと痛い「後屈型の腰痛」
●体をねじって伸ばすと、ねじった側や反対側の腰が痛い「回旋型の腰痛」
●体を横に倒して動かすと、倒した側や反対側の腰が痛い「側屈型の腰痛」

ほとんどの腰痛は、1つのタイプだけでなく、いくつかのタイプが複合していますが、一番つらい動作を知ることで、腰痛の原因をつきとめることができます。

ここではそのなかの一つ、「側屈型の腰痛」について説明しています。

腰痛でこんなお悩みはありませんか?

  • いつも仕事で片足に体重を乗せている
  • 体がいつも左右どちらかに傾いている
  • 靴底のすり減り方が左右で極端に違う
  • 転んで横に転倒してから腰が痛い
  • スポーツ後に腰が痛くなる
  • 運動会の綱引きなど急な運動で腰が痛い
  • 脇腹が張っている感じがする
  • 腕がかなり硬くなっている

側屈型の腰痛について

側屈型の腰痛とは、腰や背中の筋肉が左右でアンバランスになり、後ろから見て体が左右に傾いているタイプの腰痛です。

頑固な腰痛の方が多いです。

中腰や立ち仕事、肉体労働、スポーツなど、腕や脚の筋肉疲労がきっかけで起こっています。

腰だけでなく、お尻や太ももなど主に外側が張って、横になっても筋肉がゆるみにくくなっています。

慢性的でない場合は、お子さんの運動会に参加したり、引っ越し作業、サンデースポーツなど、いつも使っていない外側の筋肉が限界になり、ぎっくり腰のような痛みで腰痛になります。

側屈型の腰痛の原因

筋肉の使い過ぎが主な原因です。筋肉の使い方に左右差があり、体の傾きが強くなって腰痛を引き起こします。

筋肉の使い過ぎを改善するために、まず腰痛の原因をご覧ください。

①ふくらはぎ・太ももの外側が硬いことが原因

ふくらはぎ・太ももの外側を硬くする大腿筋膜張筋と腸脛靭帯の緊張

慢性的な腰痛を抱えている方のほとんどは、ふくらはぎがつることがよくあります。ふくらはぎは第二の心臓と言われ、全身の血行不良を引き起こします。

特に片足にばかり重心を乗せていると、乗せている側の「足首の外くるぶし」が歪んでいきます。

すると、ふくらはぎの外側が太く硬くなり、体がさらに外側に流れるようになります。

そして、太ももの外側にある「腸脛靭帯」「大腿筋膜張筋」が硬くなると、骨盤の動きを制限してしまい、本格的に側屈動作がきつくなります。

ふくらはぎ、太ももの外側の筋肉は、長時間同じ姿勢のままでいると硬くなり、毎日その繰り返しで慢性化します。

また、利き足を酷使したスポーツでは、筋力の左右差が強くなり、片側に傾いた姿勢を癖づけてしまいます。

②お腹の横(側腹)が硬いことが原因

お腹の横を硬くする腰方形筋の緊張

腰痛のほとんどは、腰やお腹の横の奥にある「腰方形筋」という筋肉が関係しています。

この筋肉は、肋骨から骨盤にかけて、脇腹の骨がない空間をサポートしています。また、歩いている時にも、左右のバランスをとって働いています。

腰方形筋は、体を横に倒すメインの筋肉で、横に倒して痛い場合、この筋肉が必ず緊張しています。

脇腹がガチガチの男性に多くみられます

肝臓・胆のうなど内臓が原因の腰痛

また、肝臓や胆のう、大腸の上行結腸や下行結腸などの調子が悪い時に、お腹の外側を硬くします。

明らかな不調がない限り、これらの内臓は調子が悪いとは気づきません。横に倒すときに出る腰痛は、内臓からのサインでもあります。

右に倒して右腰が詰まった感じで痛い時は、「肝臓」を疑います。

左に倒して右腰が引っ張られて痛い場合は、「胆のう」を疑います。

左右の動作に関係なく右腰が痛い場合は、「盲腸」「上行結腸」を疑います。右軸足や下痢ぎみの方も多いです。

左右の動作に関係なく左腰が痛い場合は、「下行結腸」を疑います。左軸足や便秘の方も多いです。

③側屈のやり方が原因

側屈のやり方が原因の腰痛

体を横に倒す時、足の重心はどこにあるのが理想的かご存じですか?

倒す側と同じ側に重心があると、ふくらはぎや太ももの外側にかなり負担をかけてしまいます。

反対の足に重心を乗せて、お尻(骨盤全体)が重心側に動きながら、上半身を横に倒していくのが理想的です。

この図の場合は、左重心で上半身は右に側屈しています。

一人一人に得意な軸足があるので、左右どちらに側屈しても、どうしても同じ足に重心を乗せがちです。

左軸足の方は、この図のように右側屈しやすいですが、右軸足の方は、右重心のまま右側屈しやすいので、チェックしてみてください。

横に倒すと痛い腰痛に対する施術方法

太ももの外側の緊張が関係しています。

このため、整体による骨格調整と共に、太ももの緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①太ももの外側への施術

延命学という特殊なリンパマッサージで、太ももの外側をリフトアップさせるようにほぐしていきます。下半身の外側の突っ張りが減って、腰の柔軟性が回復していきます。

太ももの外側の施術がなかり効果的です。

横向きの太もも施術

②うつ伏せで背中側の施術

背骨や骨盤のねじれをチェックし、背中や腰の筋肉の盛り上がり度合いを診ていきます。

ボキボキしない優しい整体で、頚椎・胸椎・腰椎・骨盤・肋骨などの骨格調整を行い、関節のズレと神経の流れを改善していきます。

肩甲骨の外側、脇、背中、腰部、臀部、太もも、膝裏、ふくらはぎに対して軽めにリンパマッサージを行い、血液・リンパの流れを改善していきます。

うつ伏せの施術

②あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず腰にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腰をマッサージしても腰痛が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、腰はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

横に倒すと痛い腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院には、慢性的な腰痛、腰を揉むだけでは楽にならない腰痛、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

周辺地図