胃下垂・内臓下垂と当院の施術方法

内臓下垂・胃下垂

胃下垂・内臓下垂でこんなお悩みはありませんか?

  • 太っていないのに下腹部だけポッコリしている(ぽっこりお腹)
  • 食後はいつも下腹がポッコリしてくる
  • 食後にお腹が張る、胃がもたれる
  • 胃腸が弱く、便秘や下痢を繰り返す
  • 慢性的な腰痛、冷え性を抱えている  

胃下垂・内臓に対する当院の施術方法

胃下垂・内臓下垂の原因はお腹だけではありません。

姿勢のくずれ、お腹への血行不良を解消し、腹筋を鍛えても腸を揉んでも楽にならない頑固な胃下垂・内臓下垂を改善していきます!

もちろん胃腸は直接触って、硬さや張り具合をみて、お腹のコリをほぐしていきます。

頑固な胃下垂・内臓下垂の原因は3つあると考え施術していきます。

①お腹・太もも・お尻の硬さが胃下垂を引き起こし内臓を冷やす

お腹・太もも・お尻の緊張があると、胃下垂など内臓の位置異常を引き起こし、血液量を整えたり、浄化したり、栄養分をコントロールしたりして頑張っている「肝臓」や「腎臓」の働きを弱めてしまいます

延命学という特殊なリンパマッサージで、臀部・太もも・お腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。さらに脚にある内臓のツボ療法により、胃・肝臓・胆のう・小腸・大腸・腎臓・すい臓を元気にしていきます。

内臓の位置異常が改善することで、お腹が柔らかくなり、内臓の血行不良も改善されるため、全身への血の巡りがよくなっていきます。

さらに、操体法を利用した「胃下垂操法」により反射的に内臓をもちあげ、延命学の仕上げに「下腹部拳上法」により直接内臓を救い上げる操法を行います。

横向きの施術

②背すじを伸ばした姿勢が原因で胃下垂・内臓下垂になる

一般的には知られていませんが、背すじを伸ばした姿勢が胃下垂・内臓下垂をつくっています。特に座っている姿勢では背中や腰は丸まっているのが理想です

根本的には、この姿勢が腑に落ちて実践できれば、胃下垂・内臓下垂は解消されていきます。しかし背中を丸めるなんて信じられないと感じる方がとても多いです。

そのため姿勢の指導をすると共に、深い呼吸と脳脊髄液の循環をよくする「減腔」という整体施術を行いながら、脱力した体に優しい姿勢をつくって胃下垂・内臓下垂に対処していきます。

うつ伏せの施術

③カラダの土台である足裏・足首のバランスが悪い

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わずお腹にも負担がかかりません。背骨や骨盤矯正をしても、腸をマッサージしても胃下垂・内臓下垂が改善しない場合、土台となる足裏・足首がゆがんでいる可能性があります。

当院では、足裏・足首をチェックして調整を行い、さらに三点バランスインソールにて足裏の靭帯を活性させていきます。足が安定し足裏の靭帯がしっかり使えると、お腹はもちろん全身の血の巡りが良くなっていきます。

足の施術

三点バランスインソール

胃下垂・内臓下垂でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院には、慢性的な胃下垂・内臓下垂、腹筋を鍛えたりお腹を揉むだけでは楽にならない下腹のぽっこりお腹、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

お腹のコリをほぐしたり、内臓のツボを初めて押されたという方も多く、お腹をやわらかくして内臓を元気にするのが当院の特徴です。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図