食いしばりによる肩こり


食いしばりによる肩こり

食いしばったり・歯ぎしりをして寝ているために、起床時に肩こりを感じる方は少なくありません。

なかにはマウスピースをつけて寝る方もいます。

自分でも気づかずに顎に力が入ってしまう「食いしばりによる肩こり」について説明します。

肩こりでこんなお悩みはありませんか?

  • いつの間にか噛み締めていて、緊張が抜けない
  • 食いしばって寝ているため、朝起きると肩がガチガチに凝っている
  • 歯ぎしりをして寝ている
  • 肩こりから首こり・頭痛になる
  • ストレートネックと診断されたことがある
  • 耳のつまり感や顎関節症になったことがある

食いしばりによる肩こりについて

無意識に歯を食いしばることで、首筋から肩まで緊張している状態の肩こりです。

食いしばるために、顎は引いてしまうことが多く、ストレートネックの原因になります。

首のまえ側は縮こまり、首のうしろ側は引き伸ばされ、首の前後に緊張がでるため、頭痛の原因にもなります。

肩のてっぺんの張りは、ガチガチ型の人も、過敏でゆるゆる型の人もいます。

食いしばりの肩こりの原因

食いしばりは、顎関節を動かす噛む筋肉で行っています。

顎は、ストレスによる緊張だけでなく、体のバランスを調整する最終到達点でもあります。

①姿勢が原因の肩こり

脱力姿勢と背すじをピンと伸ばした姿勢

  • 立っている時、背すじを伸ばした姿勢・胸を張った姿勢
  • イスに座っている時、首と頭が肩よりも前に出ている姿勢
  • イスに座っている時、猫背を嫌い背もたれにもたれず、背すじをピーンと伸ばした姿勢
  • パソコンを使っている時、物を書いている時、力んで肩が上がっている姿勢
  • 緊張やストレスから肩が上がった姿勢
  • 寒くて首が縮こまり肩がすくんだ姿勢
  • 重い荷物をずっと片方の手で持っている姿勢
  • 脚を組んで座っている姿勢
  • 寝そべってテレビを見ている姿勢
  • 机やテーブルに肘をついている姿勢
  • 電話の受話器を耳にあて首を傾けている姿勢

一般的に背すじを伸ばす姿勢はいい姿勢と認識をされていますが、力んでしまっていて体にいい事はありません。
実は、背中を丸めて脱力した姿勢の方が、肩こりになりにくいのです。

また姿勢の一例として、体を右に傾ける場合、始めのうちは右側の筋肉が縮まって疲労します。

左側の筋肉は伸ばされている状態ですが、これが長く続くと左側にも限界がきて疲労してきます。

1~2分では感じなくても1時間この姿勢を続けていると辛くなりますね。

何がいい姿勢で何が悪い姿勢なのかの判断は難しいです。

悪い姿勢と感じていても、その人には楽な姿勢もあります。

見た目にいい姿勢でも、無理して続けていると辛くなる場合もあります。

適度に姿勢を変える事が大切です。

ただある程度、首や肩に負担がかからない姿勢の基準が必要です。

背中はある程度丸まり(後弯)、首は多少反っている(前弯)状態で、頭の位置が体の中心にある。これらを無理なくしている姿勢が理想です。

実際には上半身だけの問題ではなく下半身からも影響を受けます。

一度、立ってつま先立ちをして戻ってみてください。

多少先ほどよりも姿勢が良くなっていると感じませんか?

つま先立ちは、体をまっすぐ真上に伸ばす動作で、足から頭の先まで一体となって体を動かす事ができます。これにより姿勢の変化が体感できます。

②ストレス(人圧)が原因の肩こり

ストレス

職場の上司や部下に神経を使い過ぎたり、苦手な人がそばにいたりすると、人からのプレッシャーを受けて、無意識に顎を引いて食いしばってしまいます。

気を使いすぎる優しい性格の方が多いです。

こんな方こそ、苦しみに耐えずに早めの施術をおすすめします。

③ストレス(重圧)が原因の肩こり

ストレス

試験、試合、慣れないスピーチ、失敗のできない仕事など、責任や緊張からの重圧によって、無意識に顎を引いて食いしばってしまいます。この状態が続くと頭痛を引き起こします。

重圧から解き放たれ、時間と共にリラックスして頭痛が治まればいいのですが、緊張型頭痛から偏頭痛に変わってくることも多々あります。

④歯のかみ合わせを調整しているのが原因の肩こり

歯の矯正

顎は、自分で自分の緊張をある程度調整できる場所です。体のバランスを調整する最終到達点なので、とても大切な場所です。

人としゃべること、食べること、ガムを噛むこと、すべては緊張を和らげることにつながります。

しかし、この緊張を和らげてくれる歯や顎を、成人してから、歯並びが悪いからといってやたらと矯正したり、金属で固定する人がいます。

良かれと思ってした歯並びの矯正のために、顎が固定されて、食いしばりの原因になってしまいます。

⑤体幹を使っていないのが原因の肩こり

ご自身の軸足や重心は、左右どちらにあるかご存知ですか?

これを知らないで生活していると、体幹を使わず、余計な筋力に頼ってしまいます。

その結果、肩こりの原因になります。

左右の軸足

右が軸足の方は、右手で荷物を引っ張り上げやすく、左手で下にあるものを押さえつけやすいのが特徴です。

逆に左が軸足の方は、左手で荷物を引っ張り上げやすく、右手で下にあるものを押さえつけやすいのが特徴です。

自分の特徴と逆の手を使っていると、肩や腕に余計な力を使い、体幹を使うことができません。

軸足を知ることはとても重要なのです。親子間で遺伝する要素になります。

体幹をしっかり使っていると、全身の腱が張った状態なので、食いしばることができなくなります。

睡眠中は腱を張らせることはできませんが、日頃から体幹を使う癖が、食いしばる対策となります。

食いしばりによる肩こりに対する施術方法

食いしばりにより顎や側頭部の筋肉が緊張している反面、体を支える体幹が不安定で、踵重心になっている事が関係しています。

このため、整体による骨盤調整・骨格調整と共に、顎まわりと側頭部の緊張をゆるめる整体とマッサージを入念に行います。

①うつ伏せで背中側の施術

背骨や骨盤のねじれをチェックし、背中や腰の筋肉の盛り上がり度合いを診ていきます。

ボキボキしない優しい整体で、頚椎・胸椎・腰椎・骨盤・肋骨などの骨格調整を行い、関節のズレと神経の流れを改善していきます。

肩甲骨の外側、脇、背中、腰部、臀部、太もも、膝裏、ふくらはぎに対して軽めにリンパマッサージを行い、血液・リンパの流れを改善していきます。

うつ伏せの施術

②あお向けで下半身の施術

足裏のバランスが良ければ、余計な筋力を使わず肩にも負担がかかりません。太ももの内側の筋肉が緊張すると、胃下垂や骨盤が不安定になるため、体幹を支えずらくなり、強い肩こりを感じます。

足裏・足首をチェックして調整を行い、リンパマッサージで太ももの内側をゆるめていきます。これにより肩こりが楽になっていきます。

足の施術

③あお向けで顎関節・側頭部の施術

食いしばりによる顎まわりの緊張を直接ゆるめていきます。ほほ・顎関節・耳まわり・側頭部の整体とマッサージにより、顎や首の緊張がゆるみ、肩へ血が巡っていきます

肩を直接マッサージするよりも、顎関節と側頭部の緊張をゆるめて血液を流してあげることで、首や肩が温まり肩こりが解消していきます。

顎まわりの施術

ただし食いしばりは、癖で無意識に行っているため、他の肩こりよりも根が深くなっています。顎まわりの緊張をゆるめるだけでなく、睡眠時に横向きに寝て、口を半開きにして脱力してみるなど意識改善も必要になります。

食いしばりによる肩こりでお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院には、慢性的な肩こり、肩を揉むだけでは楽にならない肩こり、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

いぶきカイロプラクティックの場所・アクセス
詳しい道順はこちら