目の奥の痛み・群発頭痛


目の奥の痛み・群発頭痛

このページでは、目の奥の痛み・群発頭痛に対する当院の施術方法について解説しています。

こんな群発頭痛の症状でお悩みではありませんか?

  • 目の奥がズーンと痛い・重い
  • 眼科でもらった目薬をつけても効果がない
  • 眼精疲労というより、頭痛を伴う目の奥の激しい痛み
  • 目の奥に激痛で、目の充血・涙や鼻水が止まらない

目の奥の痛み・群発頭痛について

目の奥の痛みは、当院でも比較的多く来院されます。

目の疲れや目そのものの問題であれば、眼科や目薬で改善しますが、目の奥の症状は改善しないことが多々あります。

あまりにも痛みや症状が強い場合、病院で脳内を診てもらうことをおススメします。

病院の検査で問題ない場合、当院がお役に立ちます。眼科や病院で肩こりが原因と言われて、来院される方が多いです。

「目の奥の痛み」は、目の疲れではなく、後頭部や首のゆがみが原因で、眼圧が高まることによる「頭痛の1つ」です。その中でも激しい痛みが「群発頭痛」です。

目の本体は、脳の後ろにあるってご存知ですか?

目にうつった情報は、視神経を伝って、脳の最も後ろ「後頭葉」にある「視覚野」に達します。

そして、<ものをみる>という感覚が生じます。

視覚野のある後頭部に問題があると、目の奥の症状として現れます。

さらに、頭が締め付けられるような、頭がすっきりしない症状を訴える方もいます。

これは帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)という頭皮の下にあり頭蓋骨を覆っている組織が関係しています。

帽状腱膜が緊張すると、帽子のように頭を包んでいるため、頭を締め付けるような症状がおこります。

その起点となるのが後頭部です。

目をしっかり休めたり、目薬を差しても目の奥の痛みが解消されない場合、後頭部のコリがないかチェックしてみてください。

目の奥の痛みを起こしている後頭部の筋肉

後頭部の下には、小さくて精密な筋肉が深いところにひしめき合っています。
(濃い赤色の筋肉です:後頭下筋群

この筋肉は、首を左右にまわしたり、頭を傾けたりする主な役目がありますが、頭のバランスの監視役でもあります。

どういう事かというと、体のバランスが崩れて、骨盤の左右の高さや、肩の高さが狂っても、目線を水平に保とうとして、首の上部の筋肉でバランスをとっているのです。

この小さな筋肉たちは、絶えず緊張を強いられていることになります。

また、本来は目線が水平にならないと気持ち悪いのですが、変な姿勢が癖づいたり、頭のゆがみがあって、顎を水平に保つバランスになっていると、頭が傾いた状態になり、後頭下筋群がなおさらガチガチに硬くなってしまいます。

後頭下筋群がガチガチになると、首の上部のねじれも起こり、近くを通る「視神経」の圧迫となって、眼圧が高まり、目の奥の痛みが起こります

目の奥の痛みが出るのは、後頭下筋群の緊張が原因ですが、後頭下筋群に負担がかからないように、骨盤や肩の高さなど全身のバランスを改善していきます。

目の奥の痛みを起こしている首のゆがみ

まぶたの上から目を軽く押した時、左右で硬さの違いがあったり、片側だけ飛び出ているように硬く感じる場合、眼圧が高くなっている可能性があります。

眼圧が高いと、目の奥が押されるような痛みや重さを感じます。あまりにも眼圧が高いと、まぶたの上から押されても嫌な圧迫感を感じます。

首がゆがんでしまうと、脳脊髄液が通る脊柱管を狭めてしまいます。

背骨の方へ流れにくくなった脳脊髄液は、頭の中に溜まることになり、頭の中の水圧を高めてしまいます。

目の神経や眼球も脳脊髄液で満たされているため、頭の中の水圧が高まると、眼圧を高めて目の奥の痛みを引き越します。

首のゆがみが改善され、脳脊髄液の流れがスムーズになると、眼圧は下がり、目の奥の痛みも解消していきます。

眼圧が下がると、まぶたの上から目を押された感じが、はじめと違ってやわらかく感じるようになります。

目の奥の痛み・群発頭痛の原因をまとめると

  • 目の本体は後頭葉、つまり後頭部にある
  • 後頭部の小さな筋肉たちが視神経を圧迫してしまう
  • 首のゆがみが脳脊髄液の流れを悪くし眼圧を高めてしまう

目の奥の痛み・群発頭痛に対する当院の施術方法

後頭部のつまり解消、頚椎のズレ改善のどちらも必要です。

群発頭痛も同様の施術となります。

目の奥の痛みの原因となる4つの血行不良に対して施術していきます。

①後頭部と首のつけ根の施術

「頭蓋骨調整」と「ヘッドマッサージ」を組み合わせた頭部リラックス操法という独自の整体で、後頭部と首のつけ根のつまりを解消していきます。

後頭部への直接の施術が最も効果的です。

頭の施術

②眼圧を下げる施術

首のゆがみが原因で、視神経や眼球を満たしている脳脊髄液の流れを悪くし、眼圧を高めてしまいます。

頚椎の2番・3番を中心に、眼圧調整操法を行います。

眼圧が減少すると、まぶたが柔らかくなり、目の奥の痛みも改善していきます。

首の施術

③うつ伏せで背中側の施術

背骨や骨盤のねじれをチェックし、背中や腰の筋肉の盛り上がり度合いを診ていきます。

ボキボキしない優しい整体で、背骨・骨盤・肋骨などの骨格調整を行い、関節のズレと神経の流れを改善していきます。

肩甲骨の外側、脇、背中、腰部、臀部、太もも、膝裏、ふくらはぎに対してリンパマッサージを行い、血液・リンパの流れを改善していきます。

うつ伏せの施術

④お腹・太もも・ふくらはぎへの施術

さらにあお向けや横向きでも、延命学という特殊なリンパマッサージで、ふくらはぎ・太もも・お腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。さらに足裏・足首の調整まで行うことで、足やお腹が柔らかくなり総合的に全身の血の巡りが良くなっていきます。

お腹の施術が最も効果的な場合があります。

横向きの施術

目の奥の痛み・群発頭痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

周辺地図