頭痛の種類


頭痛とは

頭痛は、風邪や感染症による発熱、高血圧症、緑内障などの眼科疾患、副鼻腔炎などの耳鼻科疾患など、何らかの病気が原因で起こることがあります。

しかし、日常的に起こる頭痛、頭痛もちの方の約90%は、慢性頭痛のように、原因となる病気が特に見当たらないのに現れるものです。頭蓋骨の外側に原因があります。

残りの10%が、病気が原因で起こる危険な頭痛で、頭蓋骨の中側に原因があります。

 

経験したことのない激しい頭痛なら危険な頭痛とわりますが、脳梗塞や脳腫瘍など、激しい痛みを伴わないものもあるので、いつもと違う頭痛なら病院への受診をお願いします。

 

慢性頭痛の種類

当院で対応可能な慢性頭痛について説明いたします。

緊張型頭痛

緊張型頭痛の女性

筋肉性の痛みで、頭全体や首筋から頭にかけてしめつけられるような鈍い痛みが特徴です。

肩こり、眼精疲労、精神的緊張、不眠などがきっかけになります。

疲れがたまった時など、頭全体、後頭部、ときに前頭部に痛みが現れ、頭痛の中でもっとも発生頻度が高いものです。

偏頭痛

偏頭痛の女性

血管性の痛みで、頭の片側または両側に拍動性の徐々に強くなる痛みが特徴です。

ときに前兆として、チカチカした光の閃輝暗点が現れ、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

低気圧や雨が降る前、女性なら生理の前、リラックスした時など、側頭部の片側または両側に痛みが現れ、痛み発作が月に数回から年に数回おこることがあります。

混合型頭痛

混合型頭痛の女性

「緊張型頭痛」と「偏頭痛」が状況に応じて現れたり、混ざった形で現れるのが特徴です。

平日は仕事の緊張感が続いて「緊張型頭痛」になり、休日になってリラックスすると「偏頭痛」になり、どうしたらいいのかわからない方も多いです。

群発頭痛

群発頭痛の男性

血管性の痛みで、片側の目をえぐられるような激しい痛みが特徴です。

目の充血、涙、鼻水、鼻づまりを伴うことが多いです。

アルコール、タバコ、季節の変わり目、不規則な時間帯の睡眠の繰り返しなど、目の奥のあたりにある三叉神経に痛みが現れ、かなり珍しいタイプの頭痛で男性に多いものです。

後頭神経痛

後頭神経痛

神経性の痛みで、後頭部の神経に沿ってピリピリ、チクチクとしたような痛みが特徴です。

後頭部にある3つの末梢神経である、大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経が圧迫されたり、損傷していること原因です。

大後頭神経は後頭部から頭頂部の痛み、小後頭神経は後頭部から側頭部の痛み、大耳介神経は耳のうしろの痛みが現れます。

神経の損傷としては、頭をぶつけて怪我をしたり、頭や首の手術の後、ヘルペスウイルスによる帯状疱疹が原因の場合があります。この場合は病院での治療が必要です。

筋肉による神経の圧迫としては、肩こりによる緊張型頭痛が原因で、当院でも施術可能です。

三叉神経痛による頭痛

三叉神経痛

神経性の痛みで、まゆの上の痛み、目の奥の痛み、ほほ骨の痛みが特徴です。

通常三叉神経痛は、顔面の痛みや感覚のマヒの症状で、脳神経である三叉神経の治療は、病院で行う必要があります。後頭神経痛と同様に、帯状疱疹が原因の場合もあります。

三叉神経痛により筋肉が緊張される場所があり、まゆの上、目の奥、ほお骨の痛みであれば、筋肉性の痛みとして当院でも施術可能です。

薬物乱用頭痛

頭痛薬を飲む女性

頭痛薬の常用による痛みで、鎮痛剤が効かなくなり、中毒症状としてさらに頭痛や頭重感を感じるようになります。

市販の鎮痛剤を月に15日以上飲んでいる場合は、薬物乱用頭痛に該当します。薬にカフェインが含まれている場合は10日以上になります。

頭痛持ちの方は、頭痛の時だけでなく、仕事柄頭痛がでないように予防として薬を飲んでいる方も多く、少しずつ頭痛薬への依存を改善する必要があります。

整体とセルフケアを覚えることで、少しずつ薬を減らしている方がほとんどです。不安なことがあったら是非ご相談ください。(当院は頭痛薬をやめたい方をサポートしています)

 
【関連記事】 頭痛に対する当院の施術方法
【関連記事】 ヘッドマッサージの効果
【関連記事】 頭痛の症例

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9~22時(受付20時まで)
不定休 (営業案内をご覧ください)
TEL 0120-184-497

周辺地図