肩こりからくる頭痛

こんにちは。
頭痛治療家、いぶきカイロプラクティック院長の高橋良昌です。

埼玉県川越市で、足元からのバランスを整える「バランス整体」と血の巡りをよくする「血流整体」、さらに姿勢と体の使い方の指導により、頭痛・慢性症状の根本改善と健康維持のお手伝いをしています。

肩こりを我慢していると、頭痛になることはありませんか?

肩や首すじの筋肉がパンパンに張って
後ろから見て肩がすくんだようになっていることが多いです。

頭を支えている後ろ側の筋肉が緊張して、血行不良や神経を圧迫して頭痛を引き起こします。

肩こり頭痛の女性

肩こりに関係する筋肉に「僧帽筋」があります。

後頭部から背中まである大きな筋肉です。

この筋肉のコリにより、肩こりだけでなく、後頭部の痛みが起こることがあります。

×印がコリの部分で、赤いところが痛みの部分です。

僧帽筋による肩こり頭痛

デスクワークで1日中肩をすくめて作業しているとパンパンに張ってきます。

この姿勢が長くなってくると、肩がやや前に入っていきます。

僧帽筋は背中側だけでなく、鎖骨にもついているためです。

 

この姿勢の背景には、背もたれに寄りかからず緊張して座っていることがあります。

少しでも腰や背中をリラックスさせて、肩がすくまないような座り方が必要です。

 

肩がすくんだ姿勢は、重力に逆らっているので、腕も疲れるし、血行不良にもなります。

パソコンなどで手や腕の疲労がさらに強くなります。

 

また立っている姿勢では、人それぞれ左重心、右重心があり、
バランスを取ろうと肩の高さが違ってきます。

この場合、肩が上がっている側に肩こりや頭痛が出るとは限りません。

頭の傾きやねじれが大きな影響を与えることが多いです。

 

肩がすくんで、頭の傾きが強い場合、肩こりを放置しないでください。

 

まずは肩こりから改善して、頭痛にならない姿勢を身につけていきましょう。

何でもお気軽にご相談くださいね^^(いぶき)

 

埼玉県川越市の頭痛専門マッサージ整体院「いぶきカイロプラクティック」お問い合わせ・ご予約0120-184-497
埼玉県川越市の頭痛専門マッサージ整体院「いぶきカイロプラクティック」の場所・川越駅西口からのアクセス

川越市・ふじみ野市・狭山市・坂戸市・所沢市・富士見市・桶川市・三芳町・寄居町からお越しいただいています。

頭痛・重度の疲労・後頭部の痛み・めまい・目の奥の痛み・眼精疲労・冷え性・足のむくみ・首こり・肩こり・腰痛・便秘・お腹の張り・柔軟性回復・正しい体の使い方などお気軽にご相談ください。